東京で貸し倉庫を借りるメリット・デメリット

東京は人口が多いため、賃貸などを契約している人は、自分の家に収納が少なく、物が置けないため、もっとスペースが欲しいと思うことがあると思います。



そんな時には貸し倉庫が便利です。


貸し倉庫は、トランクルームとも言われ、置き場所に困ってしまった物でも気兼ねなく保管できます。
さらに、24時間出し入れ自由なものや、手頃な料金がメリットであります。

置き場所に困る荷物がある方にはもってこいなサービスです。
もちろんデメリットもあります。

Girls Channelに有効な情報の紹介です。

それは利用料金が一定額毎月かかってしまうことです。


東京の貸し倉庫は屋外に設置するタイプの設置数は少なくビルの中の一角を倉庫にしてしまうビルインタイプがとても多いです。


理由は都心は人口が多く、需要が多い割に空いている土地がとても少なく、トランクが設置できないためです。

そのため、相場が少し割高になってしまいます。
ですが、ビルインタイプは湿度管理、防犯設備がしっかりしていて安心感があります。



それに対して、屋外型は警備員などがいないため、貴重品や高額な物を置いておくのには不向きです。


東京のビルインタイプのトランクルームは、半畳程度であれば約7000円〜8000円程度で借りられますが、3畳以上は30000円を超えてしまい、東京では50000円まで言ってしまうところもありますので注意が必要です。
ひょっとすると、広い間取りの賃貸に替えたほうがお得な場合があったりしますので、注意が必要です。